四柱推命の流年という考え方

四柱推命の流年という考え方イメージ

四柱推命では流年で運気の流れを把握するという考え方が主流です。

つまり今年の自分の運勢がいいのか悪いのかを流年を占ってもらう事で判断するという事です。

人生においてタイミングって重要ですよね。

分かりやすい例で言えば、例えばあなたがマイホームの購入を考えていて、マイホームなんて人生で一番大きな買い物ですから気軽に購入出来るものではありません。焦って購入して失敗したくありませんし、かといって妥協せずに探し続けて結局購入するタイミングを逃してしまうなんて事もあるでしょう。

購入した直後にバブルが弾けて資産価値が暴落なんて最悪なタイミングで購入して、結局大損をしたという人もいるかもしれません。

逆にマイホームを購入してから消費税の増税が決定したり、妻が妊娠をして子供が生まれたりと、あの時購入しておいてよかったと最高のタイミングで購入している人もいます。

それらは運がよかった悪かったという差なのかもしれませんが、では自分の運が今はいい時期なのか、それとも悪い時期なのかを占いで判断してもらってからそのタイミングに合わせて購入した方が確実だと思いませんか?

もちろん占いの結果は100%当たるわけではないのですが、流年を見てもらって運気のいい時期に家を購入した場合、もしそれでタイミングが悪かったと思っても、もしかすると運気の悪い時期に購入していればもっと悪い結果になっていたかもしれません。

それに悪い事は重なる事が多いですから、運気が悪い時に大きな変化を選ぶのはあまりお勧めは出来ません。

占いによって人生が左右されるなんて、自分のタイミングで選びたいという人もいるかもしれません。

別に占いとは強制的なものではありませんし、占いを全く信じていない人なら占ってもらう事自体が時間の無駄でしかないですよね。

ただ人生の岐路にたった時に迷って判断が出来ない、選択を間違って最悪な結果を選んでしまったらどうしよう・・・・

もしあの時あっちの選択肢を選んでいたら、後悔しない人生を送る事が出来たんだろうか?

なんて後悔しながら人生を送るぐらいなら、あの時占いで運気のいい時期に選んだ選択肢なんだから幸せな人生を送る事が出来るはずだとそう思って生きる方が後悔は少ないと思うのです。

それに四柱推命は中国で明の時代からずっと占われている古い歴史のある占いです。

もし当たらない、無意味な占いであったのなら、こんなに長く続くわけがありません。

価値がある、効果があると判断されているからこそ、長い歴史の中で占われてきているのですよね。

四柱推命とは将来を占う占い

shihashirasuiinochitohashouraiwouranauuranai

四柱推命とは将来を占う占いですから、人間の最後、つまり死に方までも占う事が出来るのです。 自分がいつまで生きる事が出来るのか、事前に分かっておけば便利だなと思った事はないですか? 長生きするのなら若いうちからコツコツ貯金・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ